ホーム>生産者さんの紹介>横須賀市佐島 山茂丸 岩崎茂
生産者さんの紹介

横須賀市佐島 山茂丸 岩崎茂

横須賀市佐島 山茂丸 岩崎茂

湘南の海はどこまでも青く、江ノ島の頭上には富士山がそびえ立つ。しらすの群を追う「山茂丸」の白い船体を、陸からでも見られるのは、大きな海が、足元から広がっているからです。
しらすとは、魚へんに弱いと書く鰯(イワシ)の稚魚。
慎重に漁網が絞られると、氷が入った大きな樽で素早く冷します。魚の体温とは意外に高いもの、獲れたら全速力で帰ります。
「山茂丸」のしらす加工場は、最新鋭の機会が導入されていて、システム化と同時に、衛生管理の徹底がはかられています。
「釜揚げしらす」はたっぷりの湯に天日塩、熟練された感覚(ゆで時間)だけで作ります。海では同じしらすでも、加工場によって味が違うのはそのためです。「山茂丸」が天日塩にこだわるのは、塩味に丸味が加わるからです。
「しらす干し」は「釜揚げしらす」を干したもの。「山茂丸」は、ここでも太陽と潮風にこだわりました。機械乾燥では、大切な海の香りが消えてしまうからです。青空の下、海岸一面に干し台が並んだ光景は壮大です。
柔らかい「釜揚げしらす」と、少し引き締まった「しらす干し」。どちらも「山茂丸のしらす」です。

ページ上部へ