ホーム>生産者さんの紹介>竜海丸 鈴木直樹
生産者さんの紹介

竜海丸 鈴木直樹

竜海丸 鈴木直樹
竜海丸 鈴木直樹

関東エリア初!農林水産省より「6次化」認定。長井の港の為に立ち上がった男!

※6次産業化法に基づき、農林漁村の雇用・所得を確保するため、生産と加工・販売の一体化や、地域資源を活用した新産業創出を促進する取り組み。

鈴木直樹さんは漁師の4代目。横須賀・長井港の漁船「竜海丸」を操る。
かつては釣果を求めて八丈島沖まで出漁することも珍しくなかった。だが近年では燃料費高騰に、魚介類の市場価格低迷が重なり、「遠出して不漁だったときのリスクを追えない」。
魚が捕れても、市場で売れる酒類を除けば無駄になることが多く、両氏の収益が圧迫されている。地元漁業組合の若手のリーダーも務めているが、「将来、次世代にとって漁業の魅力がなくなりかねない」との危機感が漂っていた。
農産品に比べて、水産品は鮮度維持が難しい。加工すれば日持ちが良くなり、資源の有効活用につながる上、家庭でも調理がしやすくなる。
「もっと魚を食べてもらうことで地域を活性化したい」そんな思いを、総合化事業計画に込めた。認定は関東の漁業では初となる。

所在地 横須賀市長井
所属 横須賀長井町漁業協同組合
性格 男には辛く、女には優しく
漁獲 カツオマグロ一本釣り 船上干しイカ 伊勢海老 サザエ

 

ページ上部へ